05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

* category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * 記事編集 *  go page top

* thread: 日記  * janre: 日記

* category: 日記

4月29日 亘理町復興支援1日目 

2011.04.29
Fri
23:49

昨晩は早く20時に寝付いてしまったため、1時に起きてしまい、ブログを書いたりしていたため、結局寝付けずに朝5時に起床した。

6:19発の仙台行きに乗り、一度仙台に出てから亘理へ向う。朝ごはんが食べられる場所が無いためである。
仙台の立食い屋さんで見つけた「えごまの卵ごはん定食 420円」というのが気になったので頼んだ。
出て来たら、なんとご飯と蕎麦と、卵2つにトッピング。
これは真似したくなった。えごま醤油というのが卓上にあり、普段食べている卵ご飯とは全然違う味に仕上がるのであった。

お腹を満たし、8:12発の亘理行きで終点の亘理へ。

亘理駅に着くと、折り返しのため3本あるホームのうち真ん中1本を仮設ホームにして対応していた。
駅舎は白壁作りで、ホームを隔てて城らしきものまで見える。

亘理駅から亘理署近くまで歩いて20分。ボランティア活動センターに到着。

8:30受付開始、9:00到着。まぁまぁ丁度かなぁー…

「新規です」

「申し訳ございません、新規さんは後ろで待って頂いております」

え!?

後ろを見ると、25人前後の列。
さらに、本日活動が出来ない可能性があると幾度となくアナウンスされる。何と既に600人超えのボランティアの方が現地入りしているそうで、依頼件数が40件少しのため、1件当たり10人で行っても200人余ってしまうのを極力2・3人多めにして調整している感じであった。

しかし、自分としては今日は譲れなかった。というのも、このボランティア活動センターでは、GWのボランティア集中による混乱を防ぐため、既に5月1日以降の新規受付をしないことになっている。
理不尽に感じるが、資材や車が足りていないのも事実である。

受付にあり付いたので、各記入を済ませて、席に座る。ここで依頼内容と家屋状況が発表され、募集人数に対して手を上げて希望意思を表明するのである。
ただ、家屋状況が緑・黄色・赤に別れ、緑以外はボランティアの屋内作業が出来なくなっている。
先方は一般の方なため、断るのも心苦しいが、原則的に危険を犯してまで作業を強いられてはダメなのである。

班分けができると、班長を決めてリクレーション。それが終われば資材を積んでいよいよ出発である。

常磐道を超えると、津波被害の場所になる。墓地には車が斜めに引っかかり、田圃には稲の籾殻と流れ着いたあらゆる物が泥に半分埋まった状態になっている。

まもなく活動させていただけるお宅へ到着。
最初は何からしていいのかさっぱりで、私含めて13人全員が戸惑っていたが、まもなく御主人からリクエストがあり作業にかかる。
1時間毎に休憩しつつ、昼ご飯もしっかりとって、こつこつと作業をこなす。

主な作業は、壁の内装はがしで、壁の石膏ボードとラッキング(保温材)が冠水したため全面剥がす作業。次に奥間の床板を剥がして、床下の泥のかき出し。
それを13人で10:00~15:20まで行なったが、広い家で、まだ2/3程残ってしまった。
また、家の前の畑にガラやゴミ、土を吐き出し並べている状態で、それらが今後どう処分されるかも目処が立っていない。

御主人と娘さん、息子さんもとても明るい人だった。
震災当日は猫と犬を抱えて2階でうずくまっていたいたそう。昼食の際に上がらせて頂いたその2階からは500m先に海が見えていた。
家のリフォームをインターネットで見積もったところ、1,500万円だと言われ断ったそうです。

切り上げて帰りの車の中で、瓦礫を見ながら楽天の本拠地戻っての勝利のお立ち台をラジオで聴いて、乗員は涙ぐんだ。

明日も班長含め、何名かは同じお宅の作業を引き続き行なう。

もちろん、私も。
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* thread: 日記  * janre: 日記

* category: 日記

4月28日 福島県・郡山へ母の御遣い 

2011.04.29
Fri
07:15

27日、仕事を終えて京都駅から夜行バスで東京へ向かいました。
格安の運賃だった故に、席の幅が狭い上、隣のサラリーマンのお尻に圧迫されて寝れませんでしたw

28日朝、東京駅に着いて1時間半で福島行きのバスに乗り継ぎ。こちらも片道2300円の安価なバスでしたが、夜行とは違ってペアの方以外は全員2席1名の設定で、とても伸び伸びしていた。

羽生PAと那須高原SAに寄りつつ、郡山へは丁度12時に到着。途中、東北道の段差が多少気になったりしたが、走行には問題無かった。
郡山に着くと、母から頼まれていた御遣いがあったため、麓山2丁目までバスで向う。途中、麓山1丁目で「この先通行止めの為、迂回いたします」とアナウンスされたため、大きい荷物を抱えつつ、慌てて降りた。福島交通のバスは整理券にバーコードが仕組まれており、投入金額と差が無いかがすぐにわかるようなシステムを導入していた。
麓山1丁目から歩いて目的地へ向う。麓山通りに掲げられた「通行止」の標識の横に、震災で倒れかけた建物が斜めに突き出していた。

間もなく目的地に到着。
御遣い先は「みよし堂」という和菓子屋さん。
入ってから、事情を説明して母から預かったものを渡す。

ぼんち揚げと手紙というとても粗末なものだが、実は母は京阪の樟葉にあるみよし堂の本店が福島県だと知り、震災を意識して頻繁にお菓子を買っては手紙を書いていた。そして手紙以外に、関西の朝日新聞に掲載されているマンガを切り抜いては送っていた。今回の手紙の封筒にも切り抜きをいれていた。

郡山は、震災後に福島県の中でも一番機能をしている土地だそうで「私たちがダメになったらみんなダメになってしまう。復興と言うとみんな10年先、20年先の事を考えるが、私たちには今平常に営業していく事、これが一番の力になると思っています」お店の奥さんはそう語ってくれた。

店舗にはずらりと並ぶ銘菓の数々。ゆべしまんじゅうやアーモンドを斬新に使ったせんべいなど、店内は甘い空気でいっぱいだった。
わざわざお茶を出していただいたうえ、買って帰るべきお菓子までたくさん頂いた。母には申し訳ないが、やっぱり気を遣わしちゃったねw
ただ、わざわざ行くべきして行ったのには躊躇しなかった。それは恐らく、母も俺も同じ考えだった。遠い大阪の地で地面も揺れず平常通りの日々を送っている以上、日本の北半分で起こっている現実を心から感じ取れないことがどれだけ歯痒いか。しかし、今回感じたのは「機能している以上、普段通りに過ごすこと、これがいかに平凡だったとしても、重要なんだな」と言うこと。

私たちの生活で電気、ガス、水道などの、供給されるエネルギーと言うものがある。所謂「インフラ」だが、供給されていることは当たり前。しかし、供給を止めてしまう事が許されないもを直接自分たちの手で回していなくとも、それらを消費したり、あるいはそれらを利用してものに変える事で社会は回っている。
郡山ではまさに今、福島県という広いすばらしい地の、要となる臓器的な役割を担っているのだろう。


バスの時間が遅いので、郡山駅まで麓山通りを歩いて戻る事にした。最初は「車で9分」とGoogleマップに脅されていたが、歩いてみるといろいろ楽しいのが商店街である。
関西では買う事ができなくて非常に残念な福島さんの野菜を、麓山通り沿いの八百屋さんではたくさん売られているのを見てホッとした。大丈夫だと言っているのに売られていない事が非常に残念だと思っていたので、早く関西にも「福島産」の文字が付いた食品が出回って欲しいものである。

14:09、郡山駅から福島行きのE721系4連で福島へ向う。
ところが強風が強く、日和田→五百川と、本宮→二本松間で25㎞/h制限走行して、福島には40分遅れで到着した。くにPから仙台付近には暴風警報が出てて、最悪運休されるかもと情報を頂いたので、本日の仙台への追加移動は断念し、少し早くのホテルチェックインを済ませた。

崖さんからリクエストがあった通り福島には沢山の温泉があるので、iPhoneを充電してから、ホテル前すぐのバスロータリーへ…とあわわわ、土湯温泉行きのバス行っちゃいましたー…

とか思ってたら「飯坂温泉」という文字が。しかも電車。
早速、福島交通飯坂線に乗車し、終点の飯坂温泉へ。

飯坂温泉駅を降りてすぐの案内所に案内されて、案内所からすぐの「波来湯」へ。ほかに「鯖湖湯」と言うのもあったが、内陸の温泉の割には海岸のような名前のお風呂が多いなぁ。

「湯船はかけ湯をしてからです」とは常識だが、何も知らずに掛け湯してビックリしました。熱っ、46度もあるんかいwww

お風呂から上がり、帰り途中に上松川駅から歩いて3分のラーメン「伊達屋」で夕食。
チャーシュー麺の汁が超アッサリで、くったくたでも昼食を抜いていた私には丁度よかったです。ここでゴテゴテは多分しんどいw

福島駅に20時前にもどり、20時に就寝。

いよいよ明日は亘理へ復興活動に向かいます!

(写真は帰宅後に掲載いたします)
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* thread: 日記  * janre: 日記

* category: 日記

いざ、仙台へ! 

2011.04.27
Wed
20:06

たくさんの方より応援いただき、ありがとうございます!

いよいよ今晩より仙台へ復興支援に行ってきます。
メインは泥かき作業ということで、スコップや箒まで買ってきました。
装備も業務用脱臭型マスク、防護ゴーグル、滑り止めつきゴム手袋、防水安全靴、ヘルメット、軟膏やガーゼ、包帯など、自分の身は自分で守ると意地を張った結果がこれです。

しかしながら、行先はまだ見ぬ地。気候への配慮はできても、行きつく場所の予想などついてはいません。
そんな場所で自分がやろうとしている事など、ほんの数パーセントしか出来ないだろうとも思っています。それでも行く。1人が一体どれだけ無力なものなのかを感じるか、あるいは他人とのコラボレーションがどれだけ無限のものになるのか。
人生の中で、ほんの1コマに過ぎない6日間になるでしょう。被災地の方にとっては自己満足に見えるかもしれない。

それでも、私は身の回りの方々から、さまざまな想いで様々なご支援をいただいています。
その期待を背負って、出来る事を尽くす。それだけです。

もともと私は設備関係の人間です。私用と思わず、仕事で培った技術や危険予知能力もしっかり活用してきます!
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* thread: 日記  * janre: 日記

* category: 日記

千葉から帰阪。 

2011.04.10
Sun
22:15

まぁ、ほとんど経路的な話で終わっちゃいますがw

「朝食は7時~9時になっております」
確か、昨日は目覚ましを8:30にセットして寝たはずなんだが。

4月5日(日)
5:00 起床。べつに眠くもない。

「行くか」
フロントで鍵を返して千葉駅へ。

「上総亀山駅ってどれ乗ればいいですか?」「4番線の電車で木更津で久留里線に乗り換えてください」
この程度の知識ですはいw

さて、お腹が空いては旅はできないので腹ごしらえ。千葉のうどん屋なかなかやるやん。朝早くからしっかり稼働してる。

P1000624.jpg
ここで食べたのは鶏カラ蕎麦。もも肉をまるごと天ぷらにした蕎麦。すげぇww
ホテルで朝刊が置いていたのをもらってきたので読みながら朝食を済ます。

P1000621.jpg
湘南色とスカ色の113系を撮ってから4番線の君津行きで木更津まで出る。
あいにく天気は悪かったが、途中の五井で大量の気動車を横目にしながら、平地を209系が走りぬく。

木更津に着けば、ホーム向かい側にキハ30とキハ38の2両が連絡していた。

P1000628.jpg
ほぉー。扉、外が戸袋無しなんや。

途中の横田で折り返しに乗り換え。
アブラナの咲いていたので、タブレットと一緒に撮影。

P1000634.jpgP1000638.jpg
木更津に戻り、千葉・東京を経て中央本線で帰ることにした。
というのも、行きの東海道本線のダイヤがごっそり入れ替わっていたのに対して、中央本線は計画停電の影響をほとんど受けていないためであった。

P1000640.jpgP1000641.jpgP1000642.jpg
高尾・甲府・小淵沢・塩尻と乗り継いだら名古屋・米原・京都で帰ってこれた。
なんせ、塩尻から名古屋まで直通の「快速ナイスホリデー木曽路」が6両というのはクオリティが高かった。

P1000657.jpgP1000648.jpg
変わらぬ風景、良きニッポン。こういう風景は、いつの時代でも日本らしさを奏でてくれる。

P1000651(1).jpg
EH200は前からまともに撮れた試しが無いな。いっつも不意を突かれて後ろからオカマされるw

次に遠出できるのはいつになるか分からないが、以前と同じく、18きっぷに拘らずに出かける事も視野に入れようと思う。
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* thread: 日記  * janre: 日記

* category: 日記

横浜放浪してきた! 

2011.04.05
Tue
10:00

18きっぷが2回分余っている!

これが全ての始まりだった。ただ、当初は見老津の林渡船に行こうと目論んでいたんだが、電車で持っていく荷物の内容に磯用のピンフェルトブーツを入れているのをすっかり忘れていた。んー!持っていけない!!

ということで、林船長の奥さんに「すぐに来ます」とか言って見老津に行けなくなった私は、他の行先を探すことに。
寺尾(駅前)P(以下、寺尾にゃん)「お供しますよ!」
行先決定!(0.20秒)

ということで、仕事をしながら宿泊先の予約を取る。
普通に行けば東京に15時か。時間が無いのもなんやから、どっかでアシストかけとくか…ということで岐阜に1泊して2日にアシスト出発することにした。

4月1日(金)
まるで仕事をしていない私は定時退社。ダメ社員(中堅)か!
20時までにしっかりご飯を作って食べて。20時15分!?時間がねぇあばばばば…

枚方公園を出てから気づいたが、金曜日…つまり平日なんやな。そう。平日のわけのわからんダイヤに捕まった!乗換は枚方市・樟葉・丹波橋…くっそーw
伏見稲荷で余裕かまして降りたら、奈良線の次の電車20分後=豊橋までの終電筋。急いだ意味無かった。

新快速は223系1000番台。ここらへんが俺。1000番台は好きですよ?私が高校の時は2000番台なんて無かったから。

P1000574.jpg
米原到着。乗ってきた12両編成の後ろ8連も1000番台。ここらへんも俺。

米原からは313系を大垣駅で乗り継いで、区間快速の豊橋行きで岐阜駅に降りる。

P1000580.jpgP1000581.jpgP1000582.jpg
なんか変わったなぁ。岐阜駅の前にはペディストリアンデッキが出来ていて、渡り廊下が長く延びていた。床は木でできている部分もある。
前回いつ岐阜に降り立ったか…というと、恐らく6年前くらいだろう。駅のホームは変わっていないので外の景色の変化には降りてみないと分からないものがたくさんある。

4月2日(土)
4:50起床。ねっむ。
いやぁ、みなさん。wktkしていて寝れない時は牛乳に限るわ。
朝、おにぎりを買ってから岐阜駅へ。各駅停車で豊橋まで向かう。豊橋からは静岡までロングシート。誰や!313系のロングシートとか作ったやつは!!

P1000588.jpg
…とか言いながらグッスリしたまま静岡駅。あっという間だった。
静岡駅からの接続列車がYahoo!通りになっていない。あぁん!?
そう、計画停電の影響でダイヤがごっそり変わったままだった。困るねぇ。

困り果てた私は、たった1分で新幹線に乗る事に。このショートカットは恒例な気がするw

P1000589.jpgP1000591.jpg
/^o^\フッジッサーン フッジッサーン 高いぞ高いぞ フッジッサーン♪

P1000592.jpgP1000593.jpg
熱海まで来れば、あとは横浜まで1本。新幹線の中でIphone充電して、熱海で降りる。
おうおうおうもう発車かいな!!!

P1000594.jpg
快速アクティーに乗って一気に横浜へ。到着が予想より1時間早かったので寺尾にゃんに膝皿割らないようにゆっくり来てと言って、中央改札の南口から北口をホーム経由でぐるぐる回って北口で待機。南口目の前やん…

P1000595.jpg
北口の改札口に貼ってある計画停電に関する張り紙を読みながら寺尾にゃんを待っていると、殺気を殺して目の前に俺を見ている人がいる。………wwwww

俺に会いに来たはいいが、会うだけが目的でしたと言うので、なにこれ目標完遂俺置き去りモードかと思ったが、俺が江の島行きたいと、迷わずに言ったので案内してくれる事に。
大船までの間、向かいの姉ちゃんが北斗の拳のファルコ編を読んでいるのを気になりながら、椅子に座っている人の犬を見ながら過ごす。寺尾にゃん曰く、相鉄はどうやら節電の関係で空調が聞いていなかったみたいだ。

P1000597.jpg

「面白いルートでもいいですか?」

寺尾にゃんが紹介してくれたルートは湘南モノレール。
モノレールと聞いて「ヤヴァイ、俺酔うかもしれんなw」大阪モノレールの近畿道の上を跨ぐ事によって高確率で「ううう」ってなる俺に背後の死角は無い!!
改札に来て平気でそんな事を言う俺。逆に「酔ってもいいですよ?」みたいな寺尾にゃんw
まぁ俺に後退は無い。連れられて行くと、釣られている!!車体が、釣られている!!!

P1000598.jpg
こんなんあんのか!?
「千葉にもあって、あっちは対向2線なんですけど、こっちの方が面白いですよ」
酔う暇が無いならいいがw

P1000600.jpg
酔う暇なんてなかった。なにこれwwジェットコースターやんww
俺がかぶり付く横で小学生もかぶり付いていた。俺はこういうのを見ているのが好き。

P1000601.jpgP1000602.jpgP1000603.jpgP1000604.jpg

江ノ島について、階段を下りて出てそう長くもしないうちに江の電に。
海が見える駅は鎌倉高校駅だそうだが……稲村ケ崎!?稲村ジェーンの稲村ケ崎だと!?

ってことで稲村ケ崎で下車。もう海の臭いがするだけで幸せ。

P1000607.jpgP1000610.jpg
相模湾に出ると、サーファーの方が多数いた。波が目測2m、風も適度にあって少し熱いくらいの気温だったので気持ちいいんやろうなぁ。

「どうします?歩きます?」

意外な言葉に甘えて歩くことに。海風を浴び、走りゆく人たちとすれ違いながら関東の海岸線を歩く。
自分はもともと、砂浜であっても容赦なく魚の事を考えるが、今回はあまり釣りをしたい気分にかられなかった。喋っているだけで相当楽しかったのだろう。銀閣寺と金閣寺の話をして「東山から」という言葉が寺尾にゃんから出た時はビックリした。

P1000611.jpgP1000612.jpg
2駅分歩いて長谷で再び江の電へ。長谷の駅前を陸側へ歩くと大仏があるとかで、流石に人通りが多かった。
余談だが、稲村ケ崎の手前の七里ケ浜にビクっとしたのは、熊野灘の鬼ケ城以南の長いジャリ浜も同名だからだろう。

P1000613.jpg
江の電で鎌倉まで行き、そのままJRへ。お腹が空いたと言いながら、何も食べずにいてもさほど気にならない程喋っている。
横須賀線E217の東京行きに乗って東京へ。休日の昼間の電車は、大阪ともさほど変わらず自分たちのみならず賑やかな車内であった。

P1000614.jpg
東京駅について、万カツサンドというものがある事を知り「松屋やなくてええんか?」とか言いながら上野駅へ。
ここらへんは流石に主軸ルート。記憶にも浅い。ただ、京浜東北線はすっかり姿が変わったなと思ったのは、E233系だけになっていたからだろう。

東北新幹線は、見事に那須塩原行きばっかりだった。
上野駅のNEWDAYS(ここ重要)で万カツサンドを手に入れ、寺尾にゃんに連れられながら上野駅13番ホームとやらに。

…?
「ここのホーム、夜遅くまで電車来ないんですよ。運休とかあるから」
あ、そうなんや。…いやしかし、駅にふさわしいとは言い難い椅子があるんだがww

P1000616.jpgP1000617.jpg

その言い難い椅子に座って万カツ食べながらお喋り。
気がつけば16時過ぎだった。お昼かおやつかよくわからんけど、ま、いいや。

帰り、横浜まで送ろうとしたついでに、海芝浦P(以下、海芝浦さん)にコンタクトしてみる。
最初は会うのが難しそうだったので半ば諦めていたが、寺尾にゃんのアシストあって、わざわざ横浜まで出てきてくださることになった。

横浜のビックカメラで寺尾にゃんの探していたA9も見つかり、相鉄の改札の前で待っていると…

P1000618.jpg
「○色の服を着て回り込んでいます」

へ?

ぅおおお!?なんじゃ!?
通称マイカちゃんのお出まし。自分のツイートと海芝浦さんのツイートで探し当てたようだ。
超マイカちゃんモードを左耳から右耳に貫通させていると、改札の向こうから男前が現れた!
そのまま寺尾にゃんにシュゥゥウウウ!!

デカ!?海芝浦さんである。身長たっかー…
その長身の海芝浦さんを見てマイカちゃんが何かを差し出す。「ピカピカのおろし金」何故持っているww

しかし、そのおろし金の存在を消し去るかの如く、寺尾にゃんと海芝浦さんの夫婦漫才(本気?w)が始まり、間もなくしてマイカちゃん離脱。(逃げた!?)

サイゼリアを探し求めて歩いていたら、満席のサイゼリアの横にある中華屋へ入る事に。
丸テーブルあるぅぅう!とか言ってたら角テーブルに案内された。(のヮの)……

ぎゃんぎゃん頼んで喰って喋って呑んで、清算したら割り勘だって。マジサーセン…2人共ありがとうございます、ゲプ。
JR横浜駅で堅い握手を交わし2人と別れ、千葉行きの快速で後ろから追いかけてくるポペスクP(マジ酔い)から逃げ切りながらベッドインしてこの日は終わった。

…。

思えば、この旅に目的など無かった。それが良かったのだろう。
東京に来る時に今まで来る度に目的を持たずしてきた事があったか?で、なおかつ関東でこんなに人と触れた事なんて無かった。その初めて会う人が寺尾にゃんと海芝浦さんで良かったと思った。
自分の他愛もない話をちゃんと聞いてくれるし、切り返しだってしてくれる。どこでだろうか?固定概念で関東の人は無愛想なイメージがあった。(但し、寺尾にゃんは佐渡の人で、海芝浦さんは青森の人です)
切り出しは18きっぷの消化に過ぎなかったかもしれないが、確実に思い出となるものは多かった。その証拠に、彼らといるときに1瞬たりとも寝てはいなかった。

寺尾にゃん・海芝浦さん、お二方本当に会えてよかったです。
また延々とおしゃべりが出来る機会を絶対作りましょうぞ!
そして、寺尾にゃんへ。貴方の案内はめっちゃ良かった。次回も甘えさせていただきます。

今度は私が、彼らの案内役になって関西…とくに南紀を案内したい。…そう思う帰路であった。

P1000619.jpg
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

大○さん

Twitter

ちょっと息抜き…シマノTV

カテゴリ

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。