03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

* category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * 記事編集 *  go page top

* thread: 釣り  * janre: 趣味・実用

* category: 日記

2009年SHIMANO JAPANCAP チャンピオンに会って。 

2010.11.08
Mon
20:36

ビックリしますよね?プロって。

昨日の音海からの帰りに、国道27号線沿いにある「スタジオ ピース」に寄って帰りました。
このお店は、磯釣り界で有名な平和卓也さんがやっているファンスタジオ付きの釣具屋さんです。
あくまでも店長は平和卓也さん自身ではないと聞いていたので、平和卓也さんの歴史を感じたいと、氷買うがてらに寄ったまでだったんです…。

P1000507(1).jpg

「カランカラン♫」

誰もいない店内に出てきたのは平和卓也さん本人。

驚き過ぎて混乱し、取り敢えず誤魔化す。
「氷は…千早しかない」とか言いながら、何をして店を後にするか…。何か買って話をするか…。
(ドキドキドキドキドキドキドキドキ)

怪し過ぎて、不適切な10万ウェアーの男は通報されそうなので、いろいろ話を聞きました。

「僕のフカセ釣りは、1度もウキ止め糸を外したことが無いです」

私の釣り方は、キザクラの柴原啓二さんや松田コーチのように全遊動。故に糸や竿先でアタリを取る釣り方です。しかし、平和さんは過去100回フカセ釣りをやったとして、ウキ下を固定しない釣りを1度もしたことが無いそうです。

何故か?

グレはそれほど回遊性が無く、魚のいる場所とタナさえ合えば、同じ群れがコンスタントに掛かるから。30㎝のタナがあって、その下に40㎝のタナがある。その40㎝のタナに仕掛けを固定するためにはウキ下を固定するしかない。
うん、その通りですね。私は全層釣法で苦労するのは、初めの1枚の後の連初です。もし、その初めの1枚が確信があるような、ウキを消しこんで手元に出るような大きいアタリであったり、喰った場所が近くてウキ下が浅く、ハリス上につけている潮受けが走ったりするのが見える場所で出たアタリであったならば、同じことを繰り返せば大抵は入れ食いします。
しかし、これからの時期水温低下で喰いが渋かったり、ポイントが遠かったり、タナが深かったりすれば、間違いなく全層より半遊動の方が釣果が出ます。
実際私も、手前が浅くてコッパグレや餌取りが多くて苦戦したり、4ヒロ以上の深ダナになったり、アタリがぜーんぜん出ない時なんかは全層よりウキ止め糸を付けて、水中ウキで潮をとらえて流したりします。
また、シマノさんが出しているウキは全て半遊動仕様のベーシック形なので、平和さんにとどまらず多数の人はウキ止めを付けて固定して流す方が多いのは事実です。
「ウキ止めを付ければ、喰いがいい潮や時間帯に差し掛かれば爆発もしますよ!」

「色々試して今の形になってから3~4年くらい」

「『これをこうしたらどーなるか?そしたらあーしたらどーなるか?』などと、パターンを対比し続けて今の形になった」と平和さんは語ります。
10m先ではこのサイズ。20m先ではこのサイズ。30m先ではこのサイズ。じゃあ20mに戻してみよう…などなど。もちろん距離やタナ、場所の相違にとどまらず、疑問に対しては難しく考えるのではなく、簡単に1つずつ潰していきます。

「『ババババッ』って手元から糸が出るアタリは、隣の人も『ババババッ』って糸が出るんですよ」

喰いが渋いという状況を例えてもらった。
「熱を出した子供に『とりあえず喰え』と熱いおかゆを差し出すようなもの」
食べるのが大変だから自分から食べに行こうとせず、目の前までエサが来て「とりあえず食べとけ」でグレが餌をほおばる。こんな状況です。そんな状況で、咥えた餌を持ってビュンビュン急に走ったりするのは難しいでしょう?
それと、グレは餌を齧ったりせずに、吸いこんで食べます。熱いおかゆを上手く吸い込めなければ吐き出すか咥えたまま放してしまいます。もちろん「小針・小餌」という概念もありますが、そんなシビアな状況で全層釣法をすると、エサを咥えたグレがそのままゴニョゴニョしていると、アタリが出ずにエサだけ取られます。釣り人は「なんでやろう?」と、また同じことを何度も繰り返します。
「確実に『ババババッ』って走るのは70・80㎝のマダイくらいのもの」
つまり、ウキ止めを付けるだけで微細な動きが分かるんですよねー。

「サラシに入れたりはしませんね。大抵型が小さい事が多いです」

…。

横にいたトラウティストのい~ぐる先生が言ってました。「フカセ釣りも追求していく釣りなんだなぁ」と。

全層釣法を主体としている私も、今の形になったのは自分で追求しつつの結果です。その結果が最終的に平和さんのように「ウキ止めあり」にいってしまうのか、今のまま「ウキ止め無し」にいってしまうのかは分かりませんが、半遊動釣法を最近した記憶があまりにも少なく、今年に入ってからでは壱岐遠征の金城岩と出雲遠征の数時間です。
「ガン玉も付けます。タナが深ければ1号も使います」
そんなことも言ってました。そう言われると、めちゃくちゃデカい鉛負荷のウキで狙いたくなります。
自分自身、最近数は出るけど型が伸びないのと、手返しに苦しむ事が多く、ウキ止めもありかなぁなどと、いつも感じながら釣りしていました。
ウキ止め付けてタナ取るのって結構面倒くさいのですが、今年の寒のシーズンは昨年の釣果と見比べてみようと思います。もし仮に「日本海の13度並の水温ではウキ止め、太平洋の16度程度の水温では全層」と出ても、これが私の結果でしょう。

でもね、ハッキリと言ってました。
「僕の釣りは全国どこでも通用します!」

P1000508.jpg

冬の日本海は大荒れで船は出ないと思っていましたが、風裏が凪れば冬でも船が出るという情報もいただきました。
この日は平和さんに「ファイアブラッド デクストラルは、ボーナスが出たらピースで買わせて頂きます」と一言残して店を立ち去る、氷どころか何も買わずにほっこりするよしむねPでした。ハタ迷惑なw
スポンサーサイト
Comment(2) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

go page top

この記事に対するコメント

うおおおお、平和さんだぁぁぁぁ!!?
【2010/11/08 21:03】URL | 納豆之介 #- *編集*
イヤ、ホントw
ねぇ?ビックリしますよねwww
【2010/11/08 21:53】URL | よしむねP #- *編集*
トラックバック
トラックバックURL
→http://danbohru.blog46.fc2.com/tb.php/520-d57c0dda
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

大○さん

Twitter

ちょっと息抜き…シマノTV

カテゴリ

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。