05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

* category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * 記事編集 *  go page top

* thread: 釣り  * janre: 趣味・実用

* category: 釣行記録

尾鷲遠征まとめ(詳細篇) 

2010.01.28
Thu
23:56

遠征というほどでもないと思うと、尾鷲から見老津まで行ったので遠征になります。
…まぁ何でもいいですww

24日から27日の4日間遠征について綴ります。

まず、初日はまさかのドタキャン!
尾鷲には3時頃に着いたのですが、前日に朝まで飲んでいたのでその疲れが一気に出て爆睡。
川端船長から着信があったのですが、全く気付かないまま起きたら朝日が出てて7:30。

朝日と青空が清々しいが、ちょっと複雑なまま、天満波止へ。
謝罪に行こうと思ったが、川端渡船の俊英丸はまだ帰っていないようなので、天満波止で竿を出す。
これが私のQuarterMasterの出竿式ww

風が無くて水の色も良い。テトラ際に魚影があったので早速竿を振ると、魚は沈むエサをじっと見つめて食おうとしない。
ハリスをVハード1.75号からガイアXXブルーファントム1.7号へ変更したら、27㎝のグレが掛かった。
魚自体はそれほど大きくないので、細仕掛けはもとより、針も小さくしてでも何の魚なのか調べたいと、興味があった。
その後すぐ、また見つめるだけでスレてきたので、ガイアXXクリア1.2号へ落として針もがまかつの極細チヌ1号に変えてみた。

掛かったのはウミタナゴ。今季初のうえ、なんだか久しぶりに見るというのも無理は無く、前回ウミタナゴを釣ったのは去年の2月に大阪南港で26センチくらいの結構大きいやつだった気がする。
沖から風が出てきたので構内側へ移動…と、その時、漁船に仕掛けが絡まり、高切れ。キザクラ礁の0号を離してしまったので、漁船を全力で引っ張ってタモを持ってすくいに行った。
すると、疲れもあったのか…よくわからんがタモを延ばさずそのまま腕を伸ばしてウキを取ろうとした瞬間にタモを離してしまう。何やってんの…納竿。
その天満波止での釣果。

P1000459(1).jpg

その後、熊野市まで車を走らせて、ホリデー磯XTのタモを購入。16800円。

戻る途中、梶賀に行った事が無いので下見でもしようと思い、九鬼越途中で賀田へ。

P1000464(1).jpg

切り立っていないなど、尾鷲とは少し景観が違って、どちらかというと英虞湾や瀬戸内のような雰囲気の岩肌。
梶賀港は秘境のような入江にある小さな漁港集落で、ボイルのみ可の磯も有名だが、漁港からでも十分良型が狙えた。
1回だけ、捨石の隙間に潜られ、暫く糸を緩めて様子を見ていたが、動いたと思って竿を煽ってしまい、余計奥底へ行ってしまったので、糸を出して張らない様にしながら、磯へ移動して、130度右側前から引きずりだしたら上手くいった。27㎝。

P1000460(1).jpg

ここでは数も出て面白かった。そして、数の中から31㎝を釣って納竿。

4日間…つまり、3泊お世話になったのは尾鷲市内42号線沿いの民宿紀文さん。
離れとは言わないが、建物に数部屋あるのではなく、1棟1組様みたいな変わった感じで面白かった。
3人分のベッドは、俺とやよいと春香の分?ww

2日目。川端渡船さんにお世話になります。
もちろん、船長から怒られました。
「ドタキャンは船頭に嫌われるでね…」
はい、気をつけます。
川端さんには毎回怒られている気がする。

降りたのは12月21日に降りた三ツ石3番(5つある瀬のうち3番とは寺島方面から3つめ)の4番との水道向き。
その尾鷲港向きにある「ハナレ」という先端に下ろしてもらった。
降りた場所の足場が切り立っていて悪く、渡礁の瞬間岩にしがみ付いて私はひっつきむしですか…

この日も風は無く、朝は晴れてて10時頃から曇天。天気予報通り。
QuarterMasterを出して、道糸は銀鱗SS-NEO2.5号。キザクラ凌0シブ号にフカセからまん棒。
ハリスはVハード1.75号2ヒロ、1/2位置にシズ7号。針はオーナー南方グレ6号。
朝からずっとエサが残る状態で、取られる時は相変わらずキタマクラのようで、ウキが少しシモった後、何も無かったかのように上げてみるとエサがない。
そうこうしてる時に、マキエを混ぜていると、左手に急にバチバチバチ!!10:40の出来事。
左手がしっかりフェザーリングしていたので、よそ見のまま合わせるとちゃんと掛かってくれた。
それほど根も無いようなので、ゆっくりやりとりして確実にキャッチ。

P1000480(1).jpg

40センチの尾長。
何と念願の40㎝にあっさりと到達!
その後も全くアタリというアタリが無かったので、船長も言っていたが回り込んできたんでしょう。

ここでまたもやトラブル発生!
低い平らな所に三脚立てていたカメラが三脚ごと波にさらわれ、危うく海に入るところをキャッチ。
カメラは軽く故障した。(レビュー液晶が暗い、レンズ内に海水が入った、動画は撮影可能、写真は撮影できない)
これは今後真面目に防水LUMIXを買う検討が必要ですね。
川端渡船さんの釣果速報。

3日目。2:30に出発。不調続きの尾鷲から超好調の見老津へ移動。実に下道120キロの移動だが、新宮から那智勝浦は「新宮那智勝浦道路」というバイパスが出来ていて、片道2時間30分と短縮できた。
熊野市付近の海岸線は走り易過ぎるww

5:00から仮眠所がモーニング解放され、他の乗客と林船長御夫婦と一緒に談話をする。奥さんは美味しいコーヒー
を入れてくれる。これが林渡船クオリティ。
6:20に出船。黒島、中崎から周り、私の釣り座は少し変わった地形のエヤ島。何が変わっているかというと、地形が複雑で根だらけという絶好ポイントにして取りこみレベル上級。

P1000493(1).jpg
(※ぼやけているのはカメラ水没による水滴です)

朝7:15頃、1尾掛けたがハリスが1.2号で道糸が2.5号という号数差が命取りとなり痛恨のバラシ。
叩いてなかったので良型グレかキツか…

すぐさま33㎝くらいの口太を掛けたが、針を外した瞬間、転がり落ちていった。あーあーあー…

その後、魚影が消えて、エサも残り始めた。
南側の50m先に大きな根があって、隣の方はそこを狙って何枚か上げていた。
私がそこを狙おうとすると、手前の瀬と、その瀬によってできるサラシが邪魔になる。一言お断りを入れて、スレスレを2人で流していると、イレグイではないがポツポツとアタリがあって、私も37㎝を1枚やっとこさで上げた。
納竿は14:30。結局朝釣ったキープのガシラと、そのグレで終わり。
他に手のひら大サイズのタカッパ。なんでやねんっ!!

帰りに橋杭岩のすぐ後ろにある小さな温泉に立ち寄り、穏やかな串本大島周辺の海と夕焼けを檜風呂から眺める。これは冬の釣り人の特権かww

最終日の27日。川端渡船さんに予約を入れて乗船。
まさかの寝坊。原因は目覚ましを4:30にセットしたのに、曜日設定が木・金になっていた。月曜日同様、5:30に船長から電話があって目が覚めた。1度断ったのですが、すぐ電話があり「15分くらいで来れる?」に「はい」と
答えた以上、ダッシュで尾鷲港へ。俺もやればできるが、その前になにも出来ていないので船長にひたすら頭を下げるなど。

この日も三ツ石3番に上がり、25日のハナレではなく、12月21日に上がった三ツ石4番側に上げてくれた。船長機嫌悪く(?)着礁した場所が悪くて左足親指の爪が浅く割れるほどジャンプした。

天気は快晴の上、風も全くと言っていいほど無かった。
冬ではなく、春に近い陽気で汗をかく。汗をかくとブレスハイパーの衣類は発熱し、更に熱くなる。これいかに…

水道側5ヒロのタナ指示は、船長恒例な気がするが、アタリが無くエサも取られずなのも恒例なので、気分を変えてドマクラ側のお立ち台のような場所へ移動すると、シモリ際に魚影がチラホラと見えた。

ハリスの号数をガイアXXクリア1.2号に落とす。理由は風も波も潮の動きも無く、天気が良過ぎるから。
ハリスを落とした後、何度か仕掛けとマキエの同調をしていると、27センチの口太を抜きあげる。

その後、すぐに手返そうと仕掛けを投入するものの、魚影が散ってしまって、見えるのはマキエに反応してタラタラ泳ぐキタマクラだけだった。

これで4日間に渡る全行程は終了。
明日のエントリーで、総評と課題事項を書きますので、明日もおたのしみに☆ミ
スポンサーサイト
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

go page top

この記事に対するコメント
トラックバック
トラックバックURL
→http://danbohru.blog46.fc2.com/tb.php/290-82da6021
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

大○さん

Twitter

ちょっと息抜き…シマノTV

カテゴリ

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。