04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

* category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * 記事編集 *  go page top

* thread: 釣り  * janre: 趣味・実用

* category: 日記

ハリスの話 

2012.05.06
Sun
03:00

普段、フカセ釣りをする時に忍ばせているハリスです。

P1020024.jpg
そう、TORAY GAIAXXばっかwwww

しなやかさには欠けるんですけど、根ズレに強いから2年間ずっと使ってます。釣具屋で安く売ってるとまとめ買いですね。
さて、見ての通り、基本的に2.0号以下ばかりを使います。これは、一時磯釣り師の中で流行った、いわゆる「細ハリス症候群」ですね。ただ、竿の選択的にやわい竿を使う事が多いので、掛けることを最前提にしています。
青色のファントムブルーは黒潮で晴れた日にかなり有効です。
和歌山の南紀でも、田辺湾と周参見では周参見の方が青く、田辺では雨が続くと濁ってしまうなど、潮の色にかなりの差があります。また、足場の高い磯では岩の前に出なければ釣りが困難な場合があり、どうしても魚から人の動きが見えってしまいます。
P1000528(1).jpg
↑濁った田辺湾 ↓周参見の黒潮

P1000989.jpg
動かんければいいんですが、そういうわけにもいきませんよね。
なので、極力「騙す」ためにハリスも色に馴染ませたこういう青色のものを忍ばせます。
事実、周囲でこういう色のついたハリスを使っている人はかなり少ないです。んまぁ、見老津では足元と言えば牛の首を除いてはサンノジばっかなんですけどね。

他のメーカーからは茶色系のハリスなんかもありますが、そちらはまだ手にした事が無いですね。
ただ、そういうものも含めて、もっといろんなもの使ってみましょうという話です。そう、私も含めて。
スポンサーサイト
Comment(2) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

大○さん

Twitter

ちょっと息抜き…シマノTV

カテゴリ

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。