02« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»04

* category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * 記事編集 *  go page top

* thread: 釣り  * janre: 趣味・実用

* category: 釣行記録

釣行速報@見老津 2011.03.28「バチバチブチブチ」 

2011.03.29
Tue
13:00

朝5:00。船長の声で目が覚める。起きると俺のコタツに2人追加で寝ている。(まず、俺のコタツではない)
奥さんが髪の毛ボサボサで現れるやいなや「コーヒーは?」要ります。「どーする?(ミルクと砂糖)」全部で。

機能していない頭をふんだんに使って、出てきたコーヒーをちゃぶ台に静かに乗せて、15分沈黙。
眠たいのもあるが、私はネコジタである。

6:00出船。
見老津の出船時間は寒の時期とは変わっていないので、2か月ぶりに来た今日は、明るくなるのが早くなったと感じた。
港をでると、心の中でガッツポーズをしたくなるような凪で無風。加えて昨日気温が低かったのに比べて4度くらい暖かかった。

P1000706(1).jpg
いつも予約の電話を入れると「明日はちょっと人多いよー」とか言われ続けながら執念だけで来たいたのだが、久々に平日出船ともなると、上げてくれる磯も格別である。
ということで、本日のポイントは沖の黒島(中崎)の牛ノ首(通称:ギュー)である。
(帰ってから気づいたが、特Aポイントだった)

まず朝一番は太仕掛けでかかる。ヘビーフォースにハリス2.5号。
すると…

P1000704(1).jpg
なんじゃこりゃ?熱帯魚か。ある意味ヘビーw
こんなオチョコ口のやつが磯際に20尾ほど群れていて埒が明かない。

そこへ8:00の弁当船で船長が「ちょっと本流は底潮が冷たいみたいやから、奥(入江側)の際狙ってみ。尾長が回ってくるよ」とアドバイス。

そんなん、行くに決まってるやん。

そして、1つ奥にある磯際から丸く生え出た根の下を狙うと、キタ!

P1000705(1)(1).jpg

尾長グレ32㎝。さらにこの後10分以内にサンノジを挟んでもう一度尾長が来る。ただ、こちらはサイズが30㎝無いのでリリース。
その時合が終わると沈黙。エサを取る熱帯魚とイワシ(?)はマキエサに反応するも、竿1本下で黒い良型の何かが群れる様な事は3時間あまり無かった。

そう、その次に来た時合で痛恨の経験をする。
ハリス切れ9連発。
最初のうちは1.2号を使っていた事もあり仕方が無いと思っていた。しかし、1.5号→1.7号…と上げても切られる。酷かったのは針上ではなく、結節具の上で切れた事もあった。
原因は…半遊動仕掛けのパン喰い効果…私はそう呼ぶことにした。



実は、この2回目の時合が来るまでに悩んでいた事は「エサが取られるのにアタリが出ない事」だった。
ただ、普段もこんな事はある。特に水温が低いとモゾモゾしたアタリが出ずにエサだけ食べられてしまう。今回の悩みは「水温が高く、ハリスも1.2号と細かったため、百発百中でエサをモゾモゾして取られてアタリが出ないのはおかしい」である。
無風のはずなのにその上2枚潮で、上ウキが右、下仕掛けが左に行くような「自分が左右に動かないと仕掛けが流せない」ような釣りにくい状態だった。

そして、悩んだ末にしぶしぶ取った手段が「全層→半遊動」であった。
もちろん普段も、このように何かとイチャモンを付けつつ半遊動に替えるのだが…

タナは図ったが、竿2本少々のため、B負荷しかない私は、初めから7m程沈めて、あとは浮かして釣る半遊動にした。
すると…さきに述べた「半遊動仕掛けのパン喰い効果」に至ったのである。
詳細は水曜日の定期放送で説明しようと思うが、要は底ベタベタのウキ下調整と、魚のタナに合わせたウキした調整と、魚が追おうとするギリギリのウキした調整と3種類表現した時、3番目がパン喰い競争のように取ったものを自分の居場所へ持っていこうとする行為である。
魚からエサが見えるが、その見える位置からエサが降りてこない。行ってでも食べたいが怖い。
…そんな魚が「食べるor食べない」の瀬戸際の中で「食べる」を選択して、咥えた食べ物を不安が解消されるような場所へ持っていく一連の動作が、たとえウキ止めを付けていなくても瞬時にウキに現れる大きいアタリになる…というものである。

路線変更…はここまでにして。
半遊動にしてから連続で9回魚をバラした。
帰港後、船長の奥さんにその旨を伝えた語尾に「まぁサンノジでしょうね。あんな持って行き方するのは」と咥えたのにたいして「でも、顔を見たわけやないからわからんよぉ~!」と。
この日釣れたのは上記のみ。まぁ正直納得はしていない。が、身になったものは多かった。

P1000708(1).jpgP1000709.jpg

帰宅時、平日なのを思い出し、休日1000円の高速料金を恨めしく思いながら龍神経由で帰路についた。
(帰宅時、高野龍神スカイライン 護摩壇山から)

しまりがありませんが、来週リベンジってきます!(という〆でw
P1000707(1).jpg
そういえば、船長の奥さん曰く、コレで釣りに来てる年輩の方がいるんですって。なんでも、各駅停車しか使わず「わしには時間があるからなぁ」と言う事らしいw
スポンサーサイト
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

大○さん

Twitter

ちょっと息抜き…シマノTV

カテゴリ

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。